• 親しい身内だけで見送る家族葬

    葬儀は通常、家族や親類だけでなく、故人がお世話になった会社関係の人やご近所の人たちにお知らせし、参列いただきます。
    ただ、参列客が多いと準備や対応、おもてなしに追われ、故人とゆっくりお別れできないことがあります。



    葬儀の後もお礼状やお返しなどを準備する必要もあります。

    最近は、家族形態や葬儀への価値観の変化から、いろいろな葬儀形式があり選択できるようになっています。



    そのひとつが家族葬です。家族葬の特徴は、家族や親類、親しかった友人や知人だけで行う葬儀であるという点です。

    通常の葬儀と同じような流れですが、親しい人たちのみ参列するため、シンプルな葬儀ではありますが、準備や参列客の対応に追われることなく、故人とゆっくりお別れする時間が持てるのがメリットといえます。

    産経ニュースの知識が身につきます。

    また、家族葬は通常の葬儀よりも費用が安くなる傾向があります。香典を辞退するケースも多く、その場合はお返しの準備の必要もなくなります。


    高齢化社会となり、仕事やご近所の付き合いが少ない人も多いでしょう。

    故人や遺族の意向に沿った、アットホームな葬儀が行えるのも特徴のひとつです。

    ただ、家族葬を行う場合、どこまでの人に参列の声掛けをするのか難しいことがあります。

    訃報を知らせてもらえなかった人とトラブルになったり、親類などに理解を得られないこともあります。


    参列できなかった人が後日自宅に弔問に訪れれば、その対応に追われることもあります。
    あらかじめ対応を考えておく必要があります。