• 家族葬が増えている要因と選ばれる理由

    家族葬とは厳密にどのような葬儀のことを言うのか明確な決まりはありません。

    一般的には、遺族や親族など近い間柄の人やごく親しい友人、知人などが集まって故人を見送る葬儀のことを言います。

    近年家族葬が増えている要因としては、いくつかあります。

    現時点で最高のYOMIURI ONLINEを利用するなら此方のサイトです。

    まずひとつは高齢化のため故人と親交があった人がすでに他界していたり、体調の問題で参列できないなど弔問客が自然に減っているという点です。また、昔は地域のコミュニケーションは当たり前のことでしたが、都市部などでは関係性が希薄いなっていることも影響しています。


    そのような葬儀に参列する人が減っていることで必然的に規模の小さな葬儀となります。



    また、故人や家族意思である場合もあります。


    故人の宗教観から葬儀を重要視していないなどで、家族葬を望むケースや費用の面で安く抑えられるという理由であるケースもあります。


    家族葬で執り行うことのメリットは故人や遺族の意思を尊重しやすく、供養するという形式ばったものに比べ、故人との思い出を共有したり和やかに執り行うことが出来る点です。


    近年では、故人のアルバムを見たり、故人が好んでいた音楽をかけたりなどすることも多くなりました。以前は葬儀を行う場合故人の自宅などが一般的でしたが、近年は葬儀場を借りて行うのがほとんどです。


    そのため、通夜は1時間から3時間程度で終了する半通夜という形式がとられます。



    最近では訃報を受けた人が通夜のみ参列することが多いようです。