• 家族葬、葬儀の行い方

    自分の家族が亡くなられた時は、お葬式の準備を進めなければいけません。
    人が亡くなられたら、病院で医師から死亡診断書を受け取ります。

    日本経済新聞情報選びのお役立ちコンテンツ満載です。

    この死亡診断書が無ければ、市役所から火葬許可証を受け取ることができません。死亡診断書を受け取ったら、退院の準備と葬儀社へ連絡します。


    退院の準備では、入院費用の支払い方法などを確認しておきます。

    葬儀社へ連絡することで、遺体を病院から別の場所へ移動させる為に車を手配してくれます。
    移動先は遺体を保管できる専門施設や自宅を選ぶことができます。
    遺体は防腐加工やエンバーミングなどの技術を施すことで、綺麗な状態で保管することができます。



    専門施設などに運ばれた後は通夜が行われます。
    この通夜が行われている間に葬式の式場や火葬場などの日程を調整します。

    式場や火葬場、お坊さんの手配などは葬儀社に任せることもできます。



    葬儀社は葬式のプロなので、分からない事があればどんどん相談すると良いです。


    葬式は執り行う規模によって費用が異なります。

    規模の小さい家族葬だと、家族や親族など約10名程度で50万円〜100万円の費用が掛かります。
    家族葬の良い所は故人との別れをじっくり行える事にあります。
    故人を囲むようにして見送ることもできます。
    家族葬は参列者への配慮や気遣いなどを考える必要も無いので、そういった苦労が少ない事も魅力です。

    家族葬をするかは故人の生前の言葉や遺言で決めると良いです。

    出来るだけ希望通りの葬儀を執り行うのが良いと考えられます。