• 費用を抑えて自分らしい式にできる家族葬

    • お葬式はいつか必ず来る大切な人との別れの場ですが、さまざまなしきたりや儀式、作法があり、費用もかかり、大変なイベントでもあります。
      そんな中で、近年増えてきているのが家族葬という新しい葬儀の形です。

      安心、信頼の産経ニュース情報を集めたサイトです。

      参列者を同居家族や3親等くらいまでの近い親族、故人のごく親しい友人などに限定した小規模な葬儀で、その分費用を抑えることもできるので、都市部を中心に人気となっています。
      家族葬では香典を断ることも多く、受け取ったとしてもそもそも参列者が少数なので金額は集まりませんが、香典返しを用意する費用を考えればむしろコストの節約になります。
      一般葬のように、どのくらい来るか分からない参列者のために、余分に通夜ぶるまいや返礼品を用意する必要もありません。

      大抵の葬儀社で家族葬のプランを用意しているので、どのような式にしたいかということと料金のバランスを見て決定することができます。

      家族葬には、こうしなければいけないという明確なルールが無く、遺族がある程度自由に内容を決めることができます。



      そのため、通常の葬儀よりも和やかで、格式ばらない式になることが多いです。



      特定のお寺の檀家になっている場合、儀式そのものは仏式のやり方に則らなければいけませんが、それでも身内だけでゆっくり故人とのお別れができること、社交辞令的な弔問客への対応を省けることは遺族の負担の軽減になります。


      宗教に対する価値観が多様化してきたことや、ご近所や親戚とのつきあいが減ってきたことで、これからますます家族葬の需要は増えていくでしょう。

  • 意外な真実

    • 家族葬、葬儀の行い方

      自分の家族が亡くなられた時は、お葬式の準備を進めなければいけません。人が亡くなられたら、病院で医師から死亡診断書を受け取ります。...

  • 納得の情報

    • 親しい身内だけで見送る家族葬

      葬儀は通常、家族や親類だけでなく、故人がお世話になった会社関係の人やご近所の人たちにお知らせし、参列いただきます。ただ、参列客が多いと準備や対応、おもてなしに追われ、故人とゆっくりお別れできないことがあります。...

  • 注目情報・知りたい情報

    • 家族葬を希望する家庭が増えている

      身内が亡くなったら葬式を挙げなければなりませんが、ショックがあまりにも大き過ぎて直ぐには何もする気が起きないこともあります。ただ葬儀会社に頼めば大体のことは行ってくれるので何も不安に感じることはないのですが、葬式には沢山の人が参列するのでその人達にできるかぎりのおもてなしをする必要があります。...

    • 家族葬が増えている要因と選ばれる理由

      家族葬とは厳密にどのような葬儀のことを言うのか明確な決まりはありません。一般的には、遺族や親族など近い間柄の人やごく親しい友人、知人などが集まって故人を見送る葬儀のことを言います。...